スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説一覧

中編から長編小説一覧です。

トライアングル
好きで好きでたまらなかった話。グロ、ホモ注意

二人で笑おう 失明寸前の少女と少年の話。さくっと読めます。


隣のレジ打ち コンビニ店員が幽霊に仕事を教える話。 

お姫様の決断 姫がイケメンと結婚するためにその辺のデブに誘拐させる話。 

僕の涙でオーストラリアが沈んだ日  記憶喪失の男がオーストラリアをさまよう話。

僕の見つけたもの しゃべるカラスが旅をする話

追いかけて、寄り添って 尊敬していた人が精神病院にいた話

世界一純粋な浮気 女子大生がタイムスリップして幼馴染との約束を果たす話

黒板の花束 不良女子高生が絵をかき、内気な女子高生が曲を奏でる話

花束を探して 黒板の花束の続編。劣等感だらけの男の子が奮闘するはなし。

鐘の音が聞こえる 二人で笑おうの長編。 三つの物語が交差し、一つのゴールにたどり着きます。めちゃめちゃ長いです。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

短編小説一覧

短編小説一覧です

土の中の恋 モグラとセミの恋の話

逃避行の末に ブラック企業が嫌過ぎて、深夜にコンビニに行った帰り道に宇宙人に出会ったOLさんのお話

特別な日はもういらない 毎年同じ日に電話が幼馴染からかかってくる話

彼女は夢で星を見る 監禁された少女が夢で星を見る話

白いクレヨン 美術部の女の子が、一人の男の子を救う話。 少し実話

ある郵便屋の話  タイトル通り 友人のイラストより。

私を忘れないで ホラー、超短い

呉越同舟 雪山で遭難した仲悪い二人の話

冷凍食品の危機 ある歌手の話

紙飛行機とキャッチボール 骨折した野球少年が盗られたボールを返してもらう話

追いかけた男 あるバイク乗りの話

僕の隣にはいつもゴミ箱があった。 タイトル通りの話

クリスマスプレゼントは サンタが彼女を連れてきた話

こぶ朗 桃太郎の弟の話

おめでたい男 キスができないカップルの話(R-18)

目を閉じるといつもの足音 毎日記憶を失うおじいさんに、毎日別のウソを考えた老婆の話

私は人だった 虐待されてる自殺志願者の少女が一人の男の子と心を通わせる話

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

追いかけて、寄り添って

尊敬していた人が精神病院にいた話

少女にとってのプロローグ

1 望まぬ再会

がむしゃら

2 新しい道

壊れる心

3 就職

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

僕の涙でオーストラリアが沈んだ日

記憶喪失の男がオーストラリアをさまよう話。
IMG_1153.jpg


1 ロッカー

2 田舎町とリンゴ泥棒

3 パン屋の少女

4 役割

5 別れと旅立ち

6 喪失を埋める旅

7 彼女が求めていたもの

8 真実への暗闇

9 僕の名前は

10 僕の涙でオーストラリアが沈んだ日

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

お姫様の決断

姫がイケメンの王子と結婚するためにその辺のデブに誘拐させる話

一 なんでもしてくれる?

二 こうすりゃいいのよ

三 待っていたのに

四 あなたじゃないのよ

五 どこなのよ

六 関係ないでしょ?

七 ばか

八 見てなさい

九 こういうことで

ハッピーエンドの裏側

ザ プリンス(別エンド)

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

sidetitleプロフィールsidetitle

中島ロクナミ

Author:中島ロクナミ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリ |二人で笑おう (4)僕の見つけたもの (11)短編小説 (15)隣のレジ打ち (10)お姫様の決断 (12)僕の涙でオーストラリアが沈んだ日 (11)追いかけて、寄り添って (5)黒板の花束 (9)世界一純粋な浮気 (8)鐘の音が聞こえる (35)
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。